トップ > インサイツ > 第一回ものアプリハッカソン参加者のその後

第一回ものアプリハッカソン参加者のその後

第一回ものアプリハッカソン参加者のその後

第1回ものアプリハッカソン。
僕が運営側(といってもほとんど何もしてないけど)で携わった初めてのハッカソンが開催されたのは今から2年前。 その後の2年間にいろんなことがありました。参加者の皆さんにも運営側の僕にも。 せっかくブログをはじめたので、今回、その辺を振り返って綴ってみたいと思います。


Moff
第1回ものアプリハッカソン参加者には様々なエッジーな方々が参加されていました。その中でも今、最も有名なのがMoffのお二人でしょう。 ATカーニーやベンツなど錚々たる外資系企業を渡り歩いてきた高萩さんと元IBMの米坂さん。この二人が第1回ものアプリハッカソンで出会って、その後Moffが生まれることになります。 その経緯はこの記事に詳しいのでそちらに譲りますが、今やアマゾンの電子玩具のカテゴリーで売上げが妖怪ウォッチに次いで2位(たまごっちの上!!)になるなど日本を代表するハードウェア・スタートアップとなっています。海外でも販売され、様々なカンファレンスでもひっぱりだこの彼ら。これからも頑張って欲しいです!



STARRYWORKS・木村さん
大阪のインタラクティブ・スタジオ、STARRYWORKSの社長でもある木村さんも、ご活躍がめざましいお一人です。 STARRYWORKSはもともと開発力、デザイン力ともに素晴らしい会社ですが、ものづくりの分野にも進出されています。昨年は、IoT的なアプローチを絵本にとりいれた音と光の絵本”Playful Books”をリリース、一躍脚光を浴び、日本テレビの番組SENSORSでも大きく取り上げられました。

また、STARRYWORKSが手がけたディスプレイ展示「魔法のスノードーム」もステキでした。キネクトを用いて鑑賞者の動きを読み取り雪を舞い散らすことができるという、まさにエルサの気分になれる作品!!うちの娘もたいそう喜んでおりました。 木村さんにはこの調子で活躍しまくって近いうちに情熱大陸に出てほしいと勝手に思ってます。

Magic Snowdome from STARRYWORKS inc. on Vimeo.


シャープ・金井さん
金井さんはものアプリ参加時にはシャープの社員でした。非常に優秀で、デザインもエンジニアリングも両方できる方でした。「でした」って過去形で言っちゃったのは、昨年12月にシャープを退社されちゃったからなんです。 もともとPOCOPOCOという音楽デバイスも作ってらっしゃったりと新しいモノを作ることがお好きなのは知ってましたが、シャープ退社の報を聞いた時はビックリしましたねー。

今は東京のDMM.makeに入居するハードウェア・スタートアップ”no new folk studio“のCTOとなってLuminouStepというプロダクトを世に出すために徹夜を繰り返してはります(笑)。昨年末、彼に近しい人だけで彼の壮行会をやりましたがこれから頑張って欲しい人の筆頭に上げたいところです。



自分
僕は今のところあまり変わっていないのですが、この2年間で多くのハッカソンに立ち会ったり、それをネタに色々なところに講演に行ったりという仕事が増えてきました。 ビジネス的な感覚も磨かれてきて、メンターや審査員としてハッカソンやビジコンに呼ばれることも出てきました。(詳しくはこのブログの携わったイベント一覧や講演実績をご参照ください。) 最近は、企業の方から新規事業についてのご相談をいただくこともあったり、週刊ダイヤモンドというビジネス雑誌にも取り上げていただいたりもしました。 でもまだまだ社会に十分な価値を提供できてはいないよな…。 今後も新たなチャレンジを続け、自分をさらに高めていこうと思ってます!!

次回また!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加