トップ > インサイツ > 僕の趣味は娘とゴミ拾いすることです!!

僕の趣味は娘とゴミ拾いすることです!!

僕の趣味は娘とゴミ拾いすることです!!

僕はSNSで安易にほかの人を批判したりはしないようにしています。

他人を批判をするということにはある程度の責任が伴う。

自分がその批判する対象の人・物事をじっくり調べたうえで「どう考えても間違っている、議論しても絶対俺の方が正しい」、ってくらいの確信がなければ軽々に批判するべきではないんじゃないかなと思っています(あくまで僕個人のスタンスです。自分の不勉強のためにほかの人を傷つけるようなことがあってはならないと僕は思っているので。)

 

僕自身も以前「生活保護費の電子給付化」という施策を提唱し、一部実現しましたが、それについて各所で批判がありました。

ですがそのほとんどが、普段は生活保護のことなど気にも留めていない人や、生活保護についての基礎的な知識すらない人が、雰囲気でなんとなく批判しているというものでした。

僕に直接ふっかけられる批判はやすやすと論破できるのですが、僕の知らないところでそういう批判が拡散し、世論形成されてしまう。レベルの低い、浅い次元の批判なのにそれが正しいかのような世論が形成されるんです。

こういうのを見るにつけ、群衆は怖いなと思いましたし、そういう動きに加担しないように自分を戒めなければいけないなと思ったものです。

 

世の中のおじさん(女性はあまりそういう人はいないので女性は賢いなといつも思います)たちは30超えたあたりくらいからやたらと政治やら天下国家の話をしたがります。

政治について興味を持ち、いろいろと議論をするのは大いに結構で良いことだと思います。

でも政治の話を(雰囲気でなくちゃんと)するためには、そのための基礎的な知識やリサーチがいると思うのですが、それもなく(あるいは一面的な意見だけをうのみにして)よくわからん議論をふっかけてくる人もまあまあ多い気がしてます(特に役所に絡んでくる人に多い気がしますがあくまで個人の経験談です。政治の話する方でもすごく詳しい方や立派な方もおられますがそういう方は僕なんかに議論吹っ掛けてきたりはしないような気がしてます。)。

 

正直なところ、そういう人と議論してても不毛です。

議論も空転して神学論争みたいになって大変非生産的です。

なので、そういう時にはできるだけさらっと議論をかわすようにしています。

僕としては、そんなことをするために時間やエネルギーを使うくらいなら、近くの公園のごみを拾ったり、こどもたちをどこかに連れて行ってやったり、自分の本来の仕事を頑張ったり…大したことはないかもしれないけれど確実に少しでも世の中よくなったなと思えることに時間を使いたい。

僕の人生のテーマは「自分が生まれた時よりも世の中を少しでも良くする・進歩させることに貢献したと胸を張って人生を終わること」なんです。

そのために仕事もプライベートもすべての時間を使っていきたいなと(たとえフーターズに行っている時でも)思っております。

さて、今日は娘と一緒に公園でこれだけゴミを拾ったので僕としては満足です。

良い1日が過ごせた。

今日はこのごみの分だけは世界に貢献できたなと思ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加