トップ > インサイツ > フィラメント設立1周年記念イベント”Framing the Flame” テーマMedia

フィラメント設立1周年記念イベント”Framing the Flame” テーマMedia

フィラメント設立1周年記念イベント”Framing the Flame” テーマMedia

フィラメント設立1周年記念イベント"Framing the Flame"のセッション:メディアについて

12963862_1085562904816027_1641759023782169447_n

パネリスト

朝日放送株式会社 総合ビジネス局ビジネス戦略センタービジネス戦略グループ 主任 ABC Dream Ventures担当 白井良平氏

讀賣テレビ放送株式会社 東京支社 編成局コンテンツビジネスセンターインターネット事業部 兼 企画推進部 「ハッカテン」プロデューサー 西川章洋氏

株式会社毎日放送 Mビジョン推進局 企画部 副部長 兼 経営戦略室 副部長横山 孝文氏

モデレーター ハブチン

 

登壇者の共通点は、ハッカソンのオーガナイザーであること。メディアの演出も相まって、「非日常な熱狂」を作り出した。なぜメディアはハッカソンを取りれたのか、そして今後どのように進んでいくのか。パネルセッションを通じて伺った。

競争から共創へ

今までのテレビ業界は、同じ視聴率というパイを取り合う「競争」の時代が長く続いた。つまり、どこかの局が視聴率を取れば、どこかが失うという構図が激しい競争を生み出してきた。

 

しかし、ネット時代が本格化し、地上波の競争力が落ちてくると、スマートデバイスやイベントなど、あらゆるメディアを使って「トータルリーチ」を稼ぐ必要がでてきた。そのためには、パイを奪い合うだけでなく、パイの大きさ自体を増やす必要があることにやっと気付いた。 東京キー局が結託して共通の見逃しプラットフォームTVerを立ち上げたのをキッカケに、テレビメディアは「競争」から「共創」の時代に入った。関西のメディアはハッカソンを企画し、生活者との共創を模索していった。

主催者から主体者へ

ハッカソンの主催者には共通点がある。主催者が主体者になっている点だ。

毎日放送は、MBSハッカソンをキッカケに『MBSトラなび』をリリースした。詳しくは『MBSトラなび』を開発した宇都宮 Web制作所のブログをご覧いただきたい。

朝日放送の ABCはハッカソンを主催した白井さんは、 ABCドリームベンチャーズで投資家となり、シェアリングエコノミー駐車場予約サービスのakippa株式会社やテレビCMのROI計測及びCMキャンペーンの最適化ツールのResults On Air Inc.に出資し、将来的には投資先の企業に入って成長を支援していくとのこと。

フィラメントの角も、ハッカソン芸人ハブチンも起業し、事業化にむけて奮闘している。「非日常な熱狂」から「新たな日常」へ。チャレンジは続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加