トップ > 対談 > ひとを創り、地域をつなぐ。弁理士3.0を体現する最先端弁理士とフィラメントが組む理由

対談

ひとを創り、地域をつなぐ。弁理士3.0を体現する最先端弁理士とフィラメントが組む理由

大阪出身、特許事務所を経て東京の企業でで弁理士としてご活動、さらに講演会などでお仕事の幅を広げていた佐竹星爾さん。その佐竹さんが、大阪に帰って来る! ということで、公務員時代から交流の深いCEO角との対談が実現。後編では、実は「QUM BLOCS」にもお越しくださっていた佐竹さんが地方を軸に仕掛けたいこと、さらにフィラメントと一緒に何ができるかを、角と徹底議論しました。

プロフィール

佐竹星爾(さたけ・せいじ)

佐竹星爾(さたけ・せいじ)

弁理士。京都大学経営管理大学院修了。
関西の特許事務所にて勤務し、モバイル通信・クラウドサービス分野を担当。

その後、東京のコンテンツ・ゲーム事業会社の知的財産部門にて特許権利化・渉外業務を担当する。

業界団体向けのイベント登壇、デザイナー向けのイベント登壇、事業部門・投資部門向けのビジネスモデル特許のアドバイザリーを提供。
2019年2月よりIPTech特許業務法人に参画。

角勝(すみ・まさる)

角勝(すみ・まさる)

1995年~2015年、大阪市役所にて勤務し「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画運営を担当。2015年、大阪市を退職し、フィラメントを設立。多くの企業で新規事業開発プログラムの構築・実行支援や独自設計したワークショップとコミュニティマネジメント手法を用いた人材開発・組織開発を手掛ける。

2016年には企業アライアンス型オープンイノベーション拠点The DECKの立上げにも参画し、他のコワーキング・コラボレーションスペースのコンセプトメイキングや活性化にもアドバイザリーを提供。

目次

■佐竹さんの掲げる3つのミッション

■組織構築に必要な「レベルの見える化」

■フィラメントが佐竹さんと一緒にやりたいこと

 

■佐竹さんの掲げる3つのミッション

 

佐竹:私のミッションは、前編でもお話した「人を鍛える」「売上をたてる」そしてもうひとつ「他地域への進出」なんです。それには大阪は拠点として立地が良いんですよね。どこへ行くにも動きやすい。

 

角:仙台や札幌はピーチですぐいけますし、広島や福岡は新幹線で行けますし、京都、神戸は近い。大阪へはいつ戻ってこられるんですか?

 

佐竹:まだ流動的ですが、早ければ春夏くらいですかね。

 

角:戻ってこられたら毎日ディスカッションしたい。(笑)

 

佐竹:2018年11月21日にフィラメントが大阪でやられた「QUM BLOCS」に参加したんですが、地方創生がテーマのイベントでしたよね。地方は取り残されているんじゃないかという一方で、いやそれは課題が先に顕在化してるんだと。ああいった取り組みも前からやりたかったことなんですよ。それと、「THE DECK」のような、ベンチャーもいれば大企業の人も集まる場所でアイデアを生み出す場の運営もやっていきたいと思っているんですよ。

 

角:THE DECKは最近二階のインキュベーションオフィスも広げたんですが、一階はご存じの通りたくさんの大企業がパートナーシップを結んでいて、色んな人が実際来るんですね。休みの日とか特に大企業の人もいっぱいいるんです。みんな面白がって仕事をしてるから、楽しそうなんですよね。

 

そういうポジティブに、プロジェクトを楽しんでいる人たちが集まっているところからイノベーションって起こると思いますから、ぜひ、そういう人が集まる場を佐竹さんにも作って欲しいです。

 

地方のインキュベーションオフィスみたいなところを繋ぐというのは、フィラメントでも考えています。インキュベーションオフィスはどんどん作られていますが、従来のハコモノと同じで、ハコは作ったけど人は全然来ないよね、みたいなところも多くて。

 

佐竹:作った後の運用、運営ですよね。

 

角:ハコだけ作って通りいっぺんの運用だけというようなことをしていると、コンテンツも育たないですし、コンテンツ育たないから人集まらない。そうすると人を集めることが目的になっちゃうんですよね。

 

元々の目的って、イノベーティブな人材を育てるとかスタートアップの起業を促進することが目的だったりするのに。最強のコンテンツって人だと思うので、そのコンテンツたり得る人をどうやって作るかみたいなところから、佐竹さんとご一緒したいですね。

 

うちで持っているノウハウと、佐竹さんが持っているスペシャリティを合わせて、新しくどんどん人を作る、プロジェクトを作る、そしてそれらをドライブしていくz、ということを一緒にやりたい。

 

佐竹:ぜひよろしくお願いします。

 

■組織構築に必要な「レベルの見える化」

 

角:フィラメントがバリューとして提供できるものとして、角総研でも培われたアイディエーション、そしてプロジェクトをドライブしていくコミュニケーション、座組を組んでいくためのリレーションと、この3つがあって、それを使って大企業のプロジェクトなどに加わっていくということをしているんですが、大企業の場合に難しいのは、既存の業務を行いながら新規事業を立ち上げていかないといけないところですよね。

 

佐竹:成熟しきっている事業では基本、ミスしないことが大事で。一方、伸びていく新規事業ではどんどん試していくことが大事というね。スタートアップはその事業しかないから価値基準を使い分ける必要がないけど、大企業の中で新規事業をやるとなったら、両方を見なきゃいけないんですよね。それが難しいところでもあり、面白いところでもあり。

 

 

角:大企業の中で新規事業をやっていく人には、20%ルールというか、既存の本業をできるだけ80%の枠に収めつつ、20%の部分をどうやって広げて新しいことをやらせるか、やってもらうか、やる気になってもらうか。そっちにどう気持ちを向けさせるかという必要があって。そこで大事なのは、インセンティブとコミュニケーションしかないと思うんですよ。それは金銭的なインセンティブだけじゃなく、マインドセットを切り替えて純粋にその事業に対してワクワクする気持ちを持てるように仕向けていくという。

 

佐竹:考え方そのものをリフレームさせていくんですね。そもそもリフレーミングって心理学の用語でもあって、ものごとの捉え方はひとつじゃないというところから始まるんです。

 

ある出来事を楽しく捉えるか、悲しく捉えるかというのは、トレーニングで身につけられるんですよね。プラス思考がいい、マイナス思考が悪いという話ではなく、捉え方は変えられるということをまず技術として身につけましょうと。

 

角:コミュニケーションしながら、ものの見方を変えてもらう。そこでも角総研でやってたことが効いてるんですよ。仕事と思ってやるときついけど、レクリエーションだと思えば楽しいとか、新しいことを考えていく中で、ワクワクするさせる方法を自ら学んだ感じがあって。

 

佐竹:自分がこれから構築しようとしている組織でも、仕事そのものはしんどいこともありつつ、でも成長してる感というか、レベルアップ感を得られるようにしたいと思っています。RPGだとレベルって数値で見られますけど、現実世界にはステータスを確認するコマンドがないんで、意識して作ろうと。

 

角:数値で見えるって大事ですよね。

 

佐竹:大事ですね。ドラクエだと王様とか教会の神父が「そなたが次のレベルになるには……」って教えてくれますが、あれって大事ですよね。次あと経験値いくつでレベルアップするのか聞いて、それで次の工程とか作業量が分かって、こうやったらいけるなというのが見える。それを現実の仕事でやれたらいいなと。

 

角:それはどうやってやるんですか。

 

佐竹:例えば、量でいえば、限られた時間の中でこなせる仕事量が増えると売上が増えるというのは分かりやすいので、まずはそこからかなと。そして、ビジネスモデル設計やUXを理解して、やれる仕事の幅を増やしていくことで、自分の可能性を自分で見いだしていけるようになったり。

 

角:佐竹さんの場合、明確に増えていってますもんね。どんどん色んな所で講演されてるし、企業内での講演も求められたりしてるでしょ。それだけ求められているのが外からも見える。

 

佐竹:講演はまず、考えていることの抽象度合いを高めてひと言で分かりやすく伝えるところから入って、そこから具体的なことを話していくという流れですよね。だから日々考えを抽象化する作業を繰り返しやっていて、その過程で考えも整理されていきますね。

 

角:でも、まずその抽象化する部分って大変ですよね。

 

佐竹:知財の仕事をしている人はそこが得意なんですよ。抽象度合いを高めることは業務で普段からやっているので。

 

角:そっか、そのほうが広い範囲で特許取れるから。

 

■フィラメントが佐竹さんと一緒にやりたいこと

 

角:フィラメントでも、組織の中に人を作っていくことを事業としてやっているんですが、その中で気づいたのが、知財の部分、こういうのは知財取れるよねという感覚を持った人って、意外といないということなんですよ。そこの観点をアドバイスしてくれる人がいるだけで、ぜんぜん違ってくると思うんです。なので、うちでメンタリングしている企業に、佐竹さんにもぜひ加わってもらいたい。特許は成果としても見えやすいですし、課題を解決する手段として取っていくものでもあるので、その目線を育むのにもいいと思うんですよね。

 

佐竹:ぜひ一緒に! 特許について考えていくと、ここが新しいんだっていう境目が見えるようになりますからね。

また、いったん自社でこういう事業を考えたんだけど、ちょっとまだ早かったねという時でも、特許を持っていると、どこと組むかを選べるというメリットがあります。結局、特許とか知財の価値って、選択肢を持つこと、オプション権というのが本質かなと。

 

角:先に考えた方が、そのアイデアをどう活かすのか選ぶ権利を持つんですね。佐竹さんのように、ビジネスモデルが分かって、かつ特許の話ができる人がフィラメントに加わってくださるのは、大きいんですよ。

 

なぜなら、大企業で新規事業に取り組む時に、知財化できるというのは分かりやすい評価ポイントになるんですよ。新規事業って、例えば以前にやったアイデアソンから生まれた事業も、実現までに2年くらいかかっていて。そんなふうになかなか時間がかかる中で、評価ポイントを見せられないと途中で止められてしまいかねないんですよね。なので、佐竹さんにアドバイザーとして加わっていただいて、特許として取れるところはどんどん取っていって、会社としても価値を認めやすい感じになっていくというのを連動させながらやれると良いなと思います。

 

佐竹:やりましょう!

 

角:今回の対談では、一緒にやれそうなことがたくさん出てきましたね。これからが楽しみです。今日はありがとうございました!

 

 

前編:IoTからひと創りまで。社会の最先端に精通した、いまスタートアップに求められる弁理士3.0とは?

プレスリリース

 

 


ライター:川合 和史(かわい かずひと)
合同会社かぷっと 代表
大阪府立大学経済学部経営学科を卒業後、クリエイター養成スクールを経てデジタルコンテンツ振興業務に従事。2010年9月、合同会社かぷっと設立。Webを中心とした各種コンテンツ制作、コンサルティング、セミナーおよび研修の企画・運営を行う。ODCC(大阪デジタルコンテンツビジネス創出協議会)幹事。特定非営利法人日本ウェアラブルデバイスユーザー会理事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着の対談をお届け