トップ > 対談 > 「IoTは資本主義の限界を超えたビジネスモデルを実現する」レノボ・ジャパン留目社長

対談

「IoTは資本主義の限界を超えたビジネスモデルを実現する」レノボ・ジャパン留目社長

AI、VR、再生医療、フィンテック、ビッグデータ、ブロックチェーン――。さまざまなイノベーションが湧き出る源泉は何でしょうか。会社を変革し、組織を変える。そんなRe:Frame(リフレーム、異なる観点で見る、作り変える)を伴うイノベーションを生み出す人々を追いかける連載『Chief Re:Frame Officer』が始まります。初回の“CRO”は、レノボ・ジャパンの留目真伸(とどめ・まさのぶ)社長。聞き手はフィラメントの角勝(すみ・まさる)CEOです。

プロフィール

留目真伸(とどめ・まさのぶ)氏

留目真伸(とどめ・まさのぶ)氏

大学卒業後、総合商社にて発電プラントのプロジェクト開発等に携わった後、戦略コンサルティングへ転職。数々の経営変革プロジェクトを担った。その後、デル、ファーストリテイリングを経て、2006年にレノボ・ジャパンへ。常務執行役員として戦略、オペレーション、製品事業、営業の統括責任者を歴任した。2015年4月、レノボ・ジャパン代表取締役社長および、NECパーソナルコンピュータ代表取締役執行役員社長に就任、9月からはレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ代表取締役社長も兼任し、現在に至っている。

角勝(すみ・まさる)

角勝(すみ・まさる)

大学で歴史を学んだ後、大阪市に入職。在職中にイノベーション創出を支援する施設「大阪イノベーションハブ」の設立・運営に携わったのちに2015年3月大阪市を退職。各地でオープンイノベーションの支援、ハッカソンの企画運営を行っている。

アメリカで子供の送り迎えが優先されるようになった地理的な理由

(以下、敬称略) 留目さんは、いろんなところでキャリアを積まれてきて、日本企業と外資系の違いもよくご存じだと思います。さらに、いまレノボ・ジャパンでは働き方の改革も進められていますが、ご自分の中でどういうきっかけがあったんでしょうか。

留目 日本とアメリカ、オーストラリア、あるいは中国、インドでの働き方って、同じ外資系企業であってもやっぱり違いがあるんですね。レノボグループの中でも、アメリカの働き方と日本とは全然違います。そこはカルチャー的なバックグラウンドだとか、地域の特性が出るものです。

例えば、アメリカってすごい広いじゃないですか。日本だと、大阪から東京へ簡単に移動できますよね。

 できますね。今日、僕も大阪から来ましたから。

留目 アメリカだとそれができないんです。だから、物理的に顔を合わせるよりも、昔から電話会議を使うことが合理的だった。そこから発展して、子供の送り迎えがあったらそちらを優先して、仕事は電話会議でオーケーだとか非常にフレキシブルなんですね。

 技術によって解決できるなら、それでいいじゃんっていう感じですね。

留目 だからWeb会議も当たり前だし、もっと昔ならボイスメールが普及していた。テクノロジーによって、新たにできるようになったら、それを普通に受け入れて使っていって、より便利な方向に働き方を変えていっている。

「テクノロジーを受け入れる」共同体の置き方

 日本だと新しいものに対してネガティブな人達が必ずいますよね。海外だとそこら辺はアレルギーがないですか。

留目 ないですね。日本だと、テクノロジーを受け入れるべきか、そうでないかよりも共同体が先にあるんですよね。だから、デジタルデバイドじゃないけど、それを使える人と使えない人がいると、その格差が許せないので、結局皆が使えないなら導入すべきじゃない、となってしまう。

 共同体というか、群れの意識がすごく強い気がします。

留目 共同体意識自体は、日本人に限らず誰でも持っているものですよね。人間は何かに所属して、その中の価値観で認められたいんですよね。そういう欲求は必ずある。

アメリカにも地域の共同体があります。ちょうどロンドンオリンピックのとき、レノボの本社があるノースカロライナで勤務していたのですが、スポーツバーに行ったら、みんなが地元のカレッジの女子サッカーの試合を見て応援していた。彼らにとっては遠くのオリンピックよりも、地元の女子サッカーなんですよね。

別に出ている選手を知っているわけじゃないんですよ。でも、この町の、このチームだからガンバレと。自分の町に誇りを持って、知らない人同士がおしゃべりをして、一体感を持てるわけです。それがまさに共同体。だから、日本人が特に共同体意識が強いんじゃなくて、共同体の置き方が違うんじゃないかな。

 古代、人間は共同で狩りして生きていたから、そういったところに根ざしていると思うんですね。共同体がないと生きていけなかったから、それが本能に刻まれていて、今でも共同体を必要としてしまう。

そのなかでも近年の日本では地域の共同体よりも、会社の方に重きを置きがちだった。もちろん、戦後の復興から、高度経済成長という時代もあったと思うんですが、特に男性はプライベートよりも会社での活動に重きを置きがちでした。

留目 そうですよね。とくに大企業は。

 そうした働き方を社会が求めていたところもありました。戦後すぐの製造業のような設備産業だと、拘束時間を長くして、同じものをずっと作っていくことで、大量生産を実現せざるを得なかった。産業構造が転換した今でも、その働き方を引きずってしまっているんじゃないでしょうか。さらに同じやり方で中国が強くなってしまったし、かつてのお手本だったアメリカはもうそういうことをやっていない。

オープンイノベーションの必要性

留目 まさにそうですね。社会が変化していく中で、働き方だけでなく、企業のあり方が今のままでいいのか、ということです。工業化、装置産業あるいは工場労働みたいな形で戦後は発展してきたわけですね。そこではそれに適した働き方があり、企業と個人の関係があり、企業の中での系列のバリューチェーンがありました。だけど、今はそういう時代じゃない。

われわれもまさにそうですが、昔はパソコンを大量に作って、コストを下げて、売ればよかった。お客さんもそれで満足をしていた。パソコンは、昔メインフレームにしかできなかったコンピューティングを個人のものにしたイノベーションなんですけど、それは30年前のもの。そこから発想が変わらないといけない。

今のパーソナルコンピューティングは、PCだけでなく、スマホであり、タブレットであり、クラウドの向こうから提供されるコンピューティングパワーもそう。そういうものを統合して、アプリとデバイスを組み合わせて、お客様にあったかたちで提供する。

それこそ24時間、絶え間なく、空気のように意識してもしなくても、触れられるような、コンピューティングパワーに触れられるような環境を作るというのが、今の時代のパーソナルコンピューティングのビジョンなんです。

そして、それを実現するためには、われわれの製品だけじゃなくて、通信だとか、アプリだとか、ほかの機器だとか、それこそいろいろなレイヤーをコーディネーションしないといけない。そもそも、コンピューティングに求めるものが、業種や課題によっても違うわけですよね。

 なるほど。

留目 だからこそオープンイノベーションでソリューションやサービス作っていかないといけない時代なんだと思うんですね。結局、それぞれの企業では、限られたインフラしか提供できない。それは、人々が求めるコンピューティングのピース(部品)しかないわけですよ。それをソリューションとしてまとめていくのは、違う主体がたぶんやらないといけない。これが本当に大きなパラダイムシフトなんだと思う。

ひとつの企業が自分の製品とサービスだけを見ていればいいという時代じゃなくて、それを上手くコーディネーションして、また、コーディネーションする主体と企業とがコミュニケーションをしながら、必要なものに作り替えていく。その作業が必要なんですね。

IoTの本質とは

 それは、まさにIoTの話しですね。IoTの本質って、いろんなものにセンサーが付いてそれが通信をすることによってリアルタイムで動的にデータがストリームとして流れていって、そのなかから必要なものをチョイスして価値としてつかみとっていく世界だと思うんです。

それによって何が生まれるのかというと、生活者のレベルでは時間だと思っているんです。例えばクルマが自動運転になるのがIoTのひとつだとするなら、自動運転でどうなるのかというと、車の運転をしなくて済んで、車に乗っている間の時間を他のことに使える。

留目 確かに、そうなるかもしれませんね。

 さらに「Amazon Echo」(スピーカー型音声アシスタント。アメリカで大人気)や「Google home」が自宅に入ってくると、Amazon.comとGoogleにいろんなところから情報が引っ張り上げられていって、データストリームのなかからその人の1日が推察できるようになります。例えば、家を出るタイミングで配車サービスが迎えにきて、その中で広告を死ぬほど見せられながら、目的地まで移動することになる。

でも、それはもう「移動」という概念ではないんですよね。当事者にとっては、たぶん時間が生み出されたっていう感覚だと思うんです。

留目 実は私はIoTって、本当に大きな社会変化を生み出すんじゃないかと思っているんです。インターネットで全てが繋がるという、これに尽きるんじゃないか。すべてがつながることによって、これまで解決されなかったものが解決されていくんだと思うんです。

これまでもいろいろな産業とか業界とか、大企業だけじゃなくてスタートアップもそうだし、それぞれが、それぞれの中で最適化をしてビジネスをしてきたわけですよね。ただ、その最適化が、必ずしも世の中にある課題をすべて解決することができたかというと、そうではなかったわけですよね。 われわれの業界に近いところだと、例えばホームコンピューティングなんてものは、昔から言われていながら実現していないものですよね。20年以上前から家電メーカーや通信事業者等が取り組んでいて、ネットでTVや家電がすべて繋がって、エネルギーもコントロールされていく。

資本主義の限界を打ち破るもの

 ありました。あれってずいぶん前からありますが、進まないのはニーズがなかったのか、それともなにか別の課題があったんでしょうか。

留目 ニーズはあると思うんです。課題もテクノロジーで解決できると思いますし、適切な形でパッケージングされれば当時でもある程度はできたと思うんですよ。ただし、なぜ実現できなかったのかというと、やっぱりオープンじゃなかったからだと思います。それぞれの家電メーカーが独自にやろうとした。日本の会社だけじゃなくて、海外の企業もみなそうだった。

 ひとつのメーカーで全部そろえないといけないというのは、いろいろとハードルが高いですよね。

留目 不思議だなと思うのが、地域は地域で課題を抱えているし、いろいろな業界にはそれぞれ解決したい課題がある。これだけ未解決の課題がたくさんある一方で、AIが出てきて「自分たちの職がなくなるんじゃないか」と心配している。まだまだわれわれはいろいろな制約条件にとらわれて、思考と行動が最適化に向かっていない。

労働力があって、テクノロジーがあって、課題があるのに、なぜその労働力やテクノロジーをその課題解決に当てるように、資本主義が動いていかないのか。本来、資本主義は合理的なものなので、その本質に従えばそうあるべきなんですよ。

だから、もっと流動性の高い社会になれば、水が高いところから低いところへ流れるように、リソースが最適化され再配分され、課題も解決される。企業だって成長の種がなくて困っていると言っている場合ではなくて、解決が求められている課題に対して適切にリソースが配分されれば、成長できるはずなんです。

あるいは「自分はわかってるけど、いろんな会社がコラボレーションしないとできない」と、結局他人のせいにするとか。

角 それもよくあります。今まで光が当たっていなかった、皆が諦めていた課題こそ、これからはやらないといけない。

留目 これまでこのようなことまで、資本主義の限界だと思われていたわけですね。企業は自社の利益にならないから興味を持たない、だから公共がやらないといけないと思われていたところがあった。だけど、本当はそうじゃないと思うんですよ。公共がやらなくても、インターネットの進化とIoTで、これまで価値連鎖としてつながらなかったものがつながって、新たなビジネスモデルとしてやれるようになっていると思うんですね。そこが面白いところです。

 

続く

 

【関連する記事】

【おすすめ記事】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着の対談をお届け