トップ > メンバー

 

Re:Frameをサポートするメンバーたち

角 勝
代表取締役CEO
角 勝

20年間にわたり大阪市役所にて勤務し「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画運営を担当。2015年、大阪市を退職し、フィラメントを設立。多くの企業で新規事業創出プログラムの構築・実行支援や、独自設計したワークショップとコミュニティ創出手法を用いた人材開発・組織開発を手掛ける。2016年には企業アライアンス型オープンイノベーション拠点The DECKの立上げにも参画し、他のコワーキング・コラボレーションスペースのコンセプトメイクにもアドバイザリーを提供している。

渡邊貴史
取締役COO
渡邊貴史

日系大手ITコンサルティングファーム、日系ブティックファーム、米系会計コンサルティングファームにて米系スポーツメーカーや米系製薬メーカーの営業戦略、売上分析などの業務コンサルティングに従事。 PEへ移籍し、ファンドレイズ、投資先スタートアップへのハンズオン投資等を経験。スタートアップの面白さを知り、そのままプレIPOスタートアップへ移籍し、主力プロダクトの国内販売戦略策定、営業チーム体制再構築、若年層教育等に従事。また、メディアのサービスの企画等もサポートした。 その後、再び米系内部監査コンサルティングファームに移籍し、これまでの知見を活かし、新サービスラインとして、戦略コンサルティングサービスを立ち上げ、経営/事業/TAS/M&A/ DX等の各種戦略コンサルティングサービスの構築・実行支援や新規事業開発支援をリード。 2019年5月より中小企業庁のスマートSME(中小企業)研究会委員。

佐藤啓一郎
取締役CXO
佐藤啓一郎

1987年、シャープ株式会社にプロダクトデザイナーとして入社。AV家電、白物家電、通信機器、ビジネス機器、新規事業の製品および関連サービスのUXデザインを行う部門を立ち上げ運営。社内外とのオープンコラボレーションを推進するとともに領域を超える人材の育成発掘も手がけてきた。
2018年4月よりフィラメント参画。その経験を活かしてUX視点を用いた新規事業開発支援に取り組んでいる。 HCD-Net認定 人間中心設計専門家。

 

森澤友和
取締役
森澤友和

高知県高知市出身。
2015年 HULT International Business SchoolにてMBAを取得。
ロンドン、上海、ドバイの各キャンパスにて、リーダーシップ、ファイナンス、会計、デザイン思考など幅広く学ぶ。在学中のインターンシップを経て、2015年9月設立間もないFilament, Inc.に参画。 『オープンイノベーション』をキーワードに、企業間マッチング、新規事業創出サポート、ハッカソンイベント企画・実施、スタートアップ支援など架け橋(Catalyst)となるべく、既存の垣根を超えた活動を展開している。


CSO最高戦略責任者
村上臣

青山学院大学理工学部物理学科卒業。大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。2000年8月、株式会社ピー・アイ・エムとヤフー株式会社の合併に伴いヤフー株式会社入社。2011年に一度退職した後、再び2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。2017年11月に6億1000万人が利用するビジネス特化型ネットワークのリンクトイン(LinkedIn)の日本代表に就任。複数のスタートアップの戦略・技術顧問も務める。

羽渕彰博
HR変革リーダー
羽渕彰博

2008年にパソナキャリア入社。 転職者のキャリア支援業務、自社の新卒採用業務、新規事業立ち上げに従事。社外では起業家体験イベントのファシリテーション(Startup weekend Tokyo)の経験を生かし、「レッドハッカソンひろしま」「Google Hackathon」「Hack On Air」など、官公庁や民間企業が主催するハッカソンの司会者として活躍。2016年3月にパソナキャリア退職、Omusubi.incを立ち上げる。2016年4月より、Filament, Inc.に入社。

平井征輝
プロジェクトデザイナー
平井征輝

滋賀県出身。 プロモーションエージェンシー~広告代理店勤務を経て、2018年5月より、Filament, Inc.に入社。これまで、外資系スポーツメーカー・製薬会社・大学など複数のクライアントのプロモーション案件に携わり、ユーザー・コミュニケーションのスペシャリストとして豊富な知見を有する。プロジェクトにおける「風呂敷をたたむ役」として全般的に実行。

留目真伸
CAO
(Chief Alliance Officer)
留目真伸

(株)HIZZLE 代表取締役  早稲田大学政治経済学部卒業。総合商社、戦略コンサルティング、外資系IT等において、代表取締役社長兼CEOを含む要職を歴任。マーケティング、新規事業開発、デジタルトランスフォーメーション、オープンイノベーションや共創をベースにした価値創造等、大局観・世界観に基づく、時代の感覚を鋭く捉えたストーリーの紡ぎ出しや、事業構想、人の能力を引き出す組織の設計・運営を得意としている。自らの経営者としてのスケールの拡大とともに、手触り感のあるプロジェクト、社会的な意味のある事業創出にもパッションを持って取り組んでいる

田所雅之
CINO
(Chief INnovation Officer)
田所雅之

これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル のベンチャーパートナーを務めた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務める。また日本最大級のウェブマーケティング会社 BasicのChief Strategic Officerを務めながら、事業創造会社のブルーマリンパートナーズのChief Strategic Officerも務める。世界で累計5万シェアされたスライド "Startup Science"、発売後、3部門(経営、起業、イノベーション)で24週連続ベストセラー1位になった書籍 “起業の科学 スタートアップサイエンス“の著者である。

デイビッド・フォード
顧問
デイビッド・フォード
loT/ロボティクスコンサルタント

インテル株式会社にて日本を含むアジア・パシフィック地域のIoT領域イノベーション事業開発マネージャとして、同社製品のIoT領域への浸透をミッションとした活動に長きにわたり従事。スタートアップ、起業マインドのある大企業、インキュベーター、アクセラレーションプログラムやベンチャーキャピタルなどとの戦略的な関係の構築を通じてIoTやロボディクス事業の開発をリード。2016年10月より、世界に通用する起業家やイノベータを日本から生み出すための活動を拡大するべく、株式会社フィラメントにて顧問に就任。

岡部謙介
顧問
岡部謙介
SVフロンティア エグゼクティブアドバイザー

同志社大学経済学部、グロービス経営大学院大学卒(MBA)。
日本写真印刷株式会社入社後、情報コミュニケーション事業における企画部署の責任者及び、コーポレートR&Dを兼務。その後新規事業立ち上げの選択肢としてCVC運用を開始し、シリコンバレーでのシード/アーリーステージの企業への投資を活用して企業向け・一般消費者向けサービスの両方をソリューションモデルとして開発。さらに自らEコマース子会社を立ち上げ、代表取締役就任。2016年より独立し、大手企業向けには新規事業開発、経営改革、デジタルマーケティング領域などのコンサルティングを、ベンチャー企業には資本政策やビジネスロードマップのアドバイスを行う活動を展開している。
専門領域はインターネット、IoT全般、Eコマースを含む小売、飲食、製薬、医療と多岐に亘る。