トップ > プレスリリース > Filament, Inc.のチーフ・アライアンス・オフィサーに元NEC PC・レノボ・ジャパン社長の留目真伸氏が就任

Filament, Inc.のチーフ・アライアンス・オフィサーに元NEC PC・レノボ・ジャパン社長の留目真伸氏が就任

株式会社フィラメント(大阪市、代表取締役CEO:角勝、以下「Filament, Inc.」)は、留目真伸氏を新たにフィラメントのチーフ・アライアンス・オフィサー(CAO)として迎えましたことをお知らせいたします。

 

 

【就任日】2018年7月1日

【就任の背景】
 株式会社フィラメントは、事業開発支援を行うコンサルティングファームです。
 著名な経営者やイノベーターとの信頼で築いたネットワークを駆使して、経営層との間に対話の機会を作ることで、クライアント企業に気づきと新たな視点をもたらし、事業開発と組織の構造・風土のリフレーム(再構成・再定義)を同時に進める、独自の手法に定評があります。

 2018年5月29日には、フィラメントがもつ強みを「ソサエティ・リフレーム・エンジン」(社会を再構築・再定義するためのエンジン・推進力)というキーワードに込め、「QUMカンファレンス2018」を開催。大企業の役員、事業開発担当者など170名の方にご参加いただき、成功を収めました。
 そのQUMカンファレンスの登壇者の一人が、元NEC PC、レノボ・ジャパン代表取締役社長の留目真伸氏です。

 カンファレンス開催に向けディスカッションを重ねるうちに、留目氏が新しいチャレンジとして設立した会社「HIZZLE」が掲げる「会社人から社会人へ」「プロ経営者3.0」「未来型起業への変革」「共創型プロジェクト」というビジョンと、フィラメントが「ソサエティ・リフレーム・エンジン」として目指す世界観が激しく共振。
 お互いのめざす未来像を補完し、より強固で密なものにするために、フィラメントのチーフ・アライアンス・オフィサーとして就任いただくことになりました。

 留目氏はフィラメントが事業として行う企業改革業務において、その独自の知見とヴィジョン(=HIZZLEのヴィジョン)をクライアント企業内に伝えることで、組織内の刷新のきっかけを提供していただくことを想定しています。

【留目氏の略歴】

株式会社HIZZLE ファウンダー / 代表取締役

7月1日より株式会社資生堂Chief Strategy Officerに就任予定

早稲田大学政治経済学部卒業。総合商社、戦略コンサルティング、外資系IT等において、代表取締役社長兼CEOを含む要職を歴任。マーケティング、新規事業開発、デジタルトランスフォーメーション、オープンイノベーションや共創をベースにした価値創造等、大局観・世界観に基づく、時代の感覚を鋭く捉えたストーリーの紡ぎ出しや、事業構想、人の能力を引き出す組織の設計・運営を得意としている。自らの経営者としてのスケールの拡大とともに、手触り感のあるプロジェクト、社会的な意味のある事業創出にもパッションを持って取り組んでいる。

【フィラメントについて】
フィラメントはプロジェクト創出と組織改革(リフレーム)のプラットフォームです。
様々な業界のキーパーソンをつなぐネットワークと独自のプログラムにより事業開発と人材開発、組織開発を実現します。

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社フィラメント(担当:牧)
Tel:072-974-8718
e-mail:info@thefilament.jp
URL:http:// thefilament.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加