Capabilityフィラメントが提供できるビジネス

閃きと行動を引き出す伴走型
アイディエーションファーム

アイディエーション リレーション コミュニケーション
ideation/アイディエーション:
抽象から具体まで様々な視点で自在に発想を紡ぐ
relation/リレーション:
膨大な人的資源のストックを結びつける
communication/コミュニケーション:
人の隠された力を引き出しつなげる

Consulting Businessコンサルティング事業

1. 事業開発コンサルティング

事業開発のフェーズに応じたプログラムをトータルで提供します。

⓿ 文化・体制づくり
❶ 人づくり

独自のコミュニケーション施策やワークショッププログラムを通じて意識の向上を図り、実際の事業開発につながる発想力と実行力を持った人を育てます。

❷ アイデアビルド

アイデアが生まれやすい風土をつくり、チャレンジする人を増やします。 チームをつくり、継続して事業化を推進できるマインドを醸成します。

❸ アクセラレーション

アイデア検証のための正しい手法を身につけるとともに、積極的にステークホルダーとの関係づくりを進めます。顧客を見つけ、自社の強みとのマッチングを図ります。事業化に向けた計画をつくります。

❹ ローンチ・サービスリリース

チームをスケールさせるための組織や評価のあるべき姿を提案します。 事業を推進する上で必要なパートナーづくりをサポートします。継続するためのマインドやブランディングをともに行います。

2. 人づくり支援

独自のコミュニケーション施策やワークショッププログラムを通じて、意識の向上を図り、実際の事業開発につながる発想力と実行力を持った人を育てます。

人づくり支援

例:「面白がり力」強化プログラム

新しい情報が爆発的に生成され続ける今の時代。そのなかで求められるのが、さまざまなものを肯定的にワクワクしながら楽しむ「面白がり力」です。普段私たちが目にするWEBメディアやSNSは、キュレーション/フィルタリングされた情報が多く、インプットが自分の興味の範囲だけに集中しがちです。このトレーニングでは、自らの興味の幅を拡張し、「面白がり力」を強化することで新規事業開発にも役立つ「引き出し」と「切り口」を増やすためのキッカケをつくります。

☑目的
「面白がり力=いろんなものをポジティブに面白がれる力」を強化する
☑効果
好奇心や興味を拡張することで、新規事業のネタになる「引き出し」や「切り口」が増える
◎タイムテーブル例
所要時間:約2~2.5時間
インプット
  • インプットトーク
  • 事例紹介を交えたプログラム概要説明
  • デモンストレーション
ワークタイム
  • グループワーク①
  • グループワーク②
プレゼンテーション
  • プレゼンタイム
  • 講評
  • ラップアップ

3. アイデア発想支援

独自開発のツール及びワークショッププログラムを通じて、ビジネスアイデアを考えるトレーニングを行い、日常的に新規事業を考える姿勢と習慣を身に付けるためのキッカケを与えます。

ストーリーカードメソッドストーリーカードメソッド

例:事業発想エクササイズ「ストーリーカードメソッド」

新しいビジネスアイデアってどこから考えたらいいかわからない、という声をよく聞きます。
しかし、ビジネスアイデアのタネは、ご自身の周囲や所属している会社の中にあるものです。
むしろそれらを自分ごと化して強みにしなければ、説得力あるアイデアにはなりません。

経済産業省イノベーター育成プログラム『始動 Next Innovator 2019』でも採用されたアイデア創発メソッド「ストーリーカードメソッド」は、ご自身や会社の「強み」をカードに書き出して理解し、そこに現在の課題、これから予想される社会動向を掛け合わせることで新たな視点を作り出し、ストーリーに落とし込むことでこれから求められるサービスを創造します。

☑目的
「ストーリーカード」のメソッドを用いて、新規事業開発のプロセスを疑似体験するとともに、新しいビジネスアイデアを創出する
☑効果
自分や自社の「強み」を理解し、そこに現在の課題、これから予想される社会動向を掛け合わせることで、新たな視点を作り出し、ストーリーテリングできるようになる
◎タイムテーブル例
所要時間:約3~3.5時間
インプット
  • インプットトーク
  • プログラム概要説明
ワークタイム
  • 個人ワーク
  • グループワーク①
  • グループワーク②
プレゼンテーション
  • プレゼンタイム
  • 講評
  • ラップアップ

4. コミュニケーション支援

社内・社外のコミュニケーション支援を通じて、社員のモチベーションの向上とプログラムの成長性を高め、チャレンジングな文化醸成と組織風土の改善を図ります。

コミュニケーション支援

経営層含めた社内のコミュニケーションのサポートや外部の客観的・俯瞰的視点に基づく社内の利害調整支援

  • トップマネジメントコミュニケーションサポート
  • プログラム運用・改善のアドバイザリー
  • 部門間調整・コミュニケーションサポート
  • 人事評価手法提案

社外の様々なビジネス主体の巻き込み・リレーション構築を支援

  • 協業パートナー紹介
  • 顧客探索
  • メディア戦略とプロモーション支援