トップ > 対談 > テクノロジー思考で抽象と具体を行き来する【蛯原氏✕角 対談・後編】

対談

テクノロジー思考で抽象と具体を行き来する【蛯原氏✕角 対談・後編】

『テクノロジー思考』――技術の価値を理解するための「現代の教養」
シンガポールからイノベーション投資を通じて世界を見渡す、蛯原健さんの初著書。スタートアップ、データ資本主義、GDPR、中国・インドの台頭、米中テクノロジー冷戦といった今日的なトピックを歴史になぞらえて紐解きつつ、すべての人にテクノロジーに対する理解の重要性を説いた一冊。


今回は、2019年8月に『テクノロジー思考』を出版された蛯原健さんと対談!
同世代の角が、蛯原さんの思考のフレームに迫ります!
後編では、抽象と具体の行き来から、思考のレベルを上げる方法まで、さらに深く迫っていきます!

プロフィール

蛯原 健(えびはら・たけし)

蛯原 健(えびはら・たけし)

リブライトパートナーズ 代表パートナー
アジア地域に特化した独立系ベンチャーキャピタルファームをシンガポール本社、インド・バンガロールおよび東京の3拠点体制で運営。本年8月8日に新著「テクノロジー思考」をダイヤモンド社より上梓。1994年横浜国立大学経済卒、ジャフコに入社。2008年独立系ベンチャーキャピタル、リブライトパートナーズを創業。2011年シンガポールに事業拠点を移し、アジア投資を開始。日本証券アナリスト協会 認定アナリスト(CMA)。
経産省『飛躍 Next Enterprise 2018』派遣企業選抜審査 有識者委員会委員 特許庁「知財アクセラレーションプログラム 2018、2019」有識者委員会委員 シンガポール国立大付属リークワンユー公共政策大学院 非常勤講師 NewsPicksアカデミア プロフェッサー 東京都アクセラレーションプログラム(ASAC) 公式メンター他多数。

角 勝(すみ・まさる)

角 勝(すみ・まさる)

1995年~2015年、大阪市役所に勤務し、「大阪イノベーションハブ」の立上げと企画運営を担当。2015年、大阪市を退職し、フィラメントを設立した。多くの企業で新規事業開発プログラムの構築・実行支援や独自設計したワークショップとコミュニティマネジメント手法を用いた人材開発・組織開発を手掛ける。2016年には企業アライアンス型オープンイノベーション拠点「The DECK」の立上げにも参画し、他のコワーキング・コラボレーションスペースのコンセプトメイキングや活性化にもアドバイザリーを提供している。

テクノロジーが都市の優位性を決定づける

抽象と具体を行き来する思考方法とは?

アウトプットすることが思考のレベルを上げる

 

 

テクノロジー思考を身につけて、読者層や日本が変わってほしいとか、そういう思いってのはありますか?

 

蛯原オフィシャルにいうと冒頭に書いた通り、すべての企業人、起業家、投資家、政治家、官僚あたりに読んでいただきたいな、と。これは尾原和啓さんと対談した時に、「これはやっぱり霞が関の人が読むべき本でしょう」と言われましたね。

 

R&Dの予算がどれだけ確保できるかが未来をどれだけつくれるかに関わってくるって書いてましたよね。僕ももともと役人だったので、役人にできることも結構限られてたりするじゃないですか。結局政治で決まっていくし。ヤフーの安宅さんもよくおっしゃってますけど、知的人材の育成にもっとエネルギーをかけてしかるべきなのに、結果として社会保障費にしかお金が回らなくなっているみたいな。

 

蛯原悪いスパイラルですよね、それは。

 

 

テクノロジーが都市の優位性を決定づける

この間イマニュエル・ウォーラーステインが亡くなりましたけど、彼の社会システム論によると、社会というものは、仕組みによって役割が決まってしまっている。「工業はアメリカだ。綿の栽培はインドだ」みたいに。だから後進国はいつまでたっても先進国にはたどり着けないって理論だと思うんですけど。それはテクノロジーによって変わってきたってことですよね。

 

蛯原だからテクノロジー音痴には、もう政治も金融も経済も語れないっていうのを冒頭に書いたんです。要するに国際比較優位論で、それを決めるファクターがテクノロジーに変わったっていう話なんです。

 

言語が発明された時よりも、活版印刷が発明された時よりも、指数関数的にコンピューティングパワーが伸びている。それがすべてを決める要因になっている。

 

蛯原でも今度は逆にコンピューティングパワーがコモディティになってきたので、インドもインドネシアも、条件はイコールになったっていうことですね。なので今は兵糧としての人口を一番多く持っているインドと中国がすごく強くなっている。

 

結局「規模の経済」に戻ったということですね。

 

蛯原少なくとも今は規模の経済に一瞬戻った。だけどその先はAIや量子コンピューターや、いろいろあるんでしょう。とはいえ、国単位で語るのって私は嫌いなんですよね。本当はそれっておおざっぱすぎで、むしろ都市なんですよね。もっといえば人間のコミュニティの単位ってことだと思う。例えばジャカルタと秋田を比較したら、どう考えたってジャカルタのほうが先進都市じゃないですか。だから国家で比較しても意味ないっていうのがある。

 

でもインドと中国が超大国であるという話は、僕はすごい納得した。超巨大都市が複数あるということ、それから人口がやたらと多い。人口と面積、経済規模、その3つがずば抜けてでかくて、しかもプライメトシティが…。

 

蛯原ない、と。

 

っていうこと。広大な範囲と膨大な人がいて、1億人以下の都市ができないって書いているでしょ。多分、1億人以上の都市って日本だと東京1個に全部集中しないと無理なスケール。そういう東京みたいな町が何個もできるぐらいインドと中国は広いし、人もいっぱいいる。

 

蛯原例えばシンガポールって600万人ぐらいの人口なんですけど、ってことははるかに大阪とか名古屋とかのほうが大きいじゃないですか。広島、福岡、仙台も遜色ないですよね。だけど日本はどの都市も金太郎飴じゃないですか。役割分担してないのが問題だと思うんですよね。例えばインドであれば、ムンバイはヘッドクォーターと金融、デリーは政治の中枢で、ITはバンガロールみたいな役割分担がある。本にも書きましたけど、中国だと、北京はAIと頭脳で、上海は商業、ものづくりは深センとか。

 

都市の役割がはっきりしていた方が、国際的な競争力とかコミュニティの形成もしやすく、そしてピア効果もより効果が出やすいっていうことかなといま思いました。

 

蛯原日本の問題は2つあって。1つはグローバライズが世界でももっとも下手な部類の人間たちの集合だということ。例えばインドはなんで強いかっていうと、米国とまったく精神的な距離感がないんです。常に行ったり来たりしているんですよね。そもそもシリコンバレーの人口の3割がインド人と言われていますし。

 

3割もいるんですか?

 

蛯原らしいですね。だけど、日本は外との行き来が精神的鎖国、言語的鎖国みたいな状態になっている。外と交易するなら金太郎飴じゃ駄目、特色を持って完結する経済圏を持たなきゃ駄目だって分かるはずなのに。あともう1つは自民党が脈々と築いてきた中央集権、55年体制。この2つがやっぱり問題だと思うんですよね。

 

抽象と具体を行き来する思考方法とは?

テクノロジー思考を読んで、抽象と具体を行き来するみたいな話から、ちょうどウチが開発しているこのツールに近いなと思ったんですよ。ウチの「ストーリーカードメソッド」っていう、最近開発をしているワークショップで。

 

蛯原御社がやってるんですか、これ? なんかすごいですね

 

今つくってるんですよ。強みのカードと、社会課題のカード、トレンドのカードを組み合わせて、ソリューションを考えるんですけど。例えば「インフラ老朽化」と「自動化」と「自分の持ってる何か」みたいなやつを繋ぐと、「インフラ老朽化を自動的に解決していくための何か」みたいなアイデアが生み出される。

 

蛯原例えば要するに、トヨタの人が新規事業を考えろって言われた時に、我が社は車つくれます、日本の地方都市には高齢者問題があります、じゃあMaaSで解決しましょうみたいなアイデアを出す道具ってことですね

 

これだけでアイデアがるわけないと思っています。むしろ点と点を繋げる癖とか、そういう思考のルーティン化や習慣化をどうつくっていくのかというところに僕は興味があるんですよ。

 

蛯原過去の歴史でいうと、1つのテクノロジーではなくて、必ず何かと何かのテクノロジーが組み合わさってイノベーションが起きています。あと、私が組み合わせるとしたら、トレンドではなく技術ですね。だから「技術トレンド」というカードにした方がいいんじゃないかな

 

分かります。ハイプサイクルとか。

 

蛯原そうそう。ハイプサイクルにある技術トレンドをきちんと入れたほうがいいと思います。例えば一番近く起きる、「既に起きている未来は5Gじゃないですか。あとはAI、ブロックチェーンとエネルギー。だって「5Gで当社も何かやらなきゃいけないんでなんでもいいから5Gのお題か教えてください」みたいな相談がすごい多い(笑)。「儲からなくてもなんでもいいんで、やったことにしないと僕怒られるんです」みたいな状況に今の世の中なってるんで。

 

いい!いい!それですね。

 

蛯原ただ技術だけじゃ駄目なんですよ。技術と技術を組み合わせなきゃ駄目。あとは「コミュニケーション」みたいな社会課題カードがほしいですね。暇と孤独という人間の二大プロブレムがあって、よく落合陽一さんも言ってるけど、対面より情報量は論理的に高くなるのが5Gなので。だからそれで解決できるんじゃないか、と。「コミュニケーション=情報の量」なんですよね。

 

そうか。対面よりもリアルになるのが5Gってことですね。

 

アウトプットすることが思考のレベルを上げる

蛯原この思考のレベルを上げるのが、具体と抽象を行き来するってことですね。この作業のクオリティを上げていく、具体と抽象を行ったり来たりするっていう訓練にこのカードが使えるといいですよね。

 

具体と抽象を行ったり来たりするにも、それを習慣化して体得するやり方を教えてくれる機会はなかなかないですよね。例えば新聞を読むとか、なにか意識してやられていることってありますか?

 

蛯原生活習慣レベルでは特にないなあ。情報収集どうやってますかみたいな質問には、僕は意地悪っぽく聞こえちゃうんだけど、情報収集しないことを心がけてますと答える。

 

自然に入ってくる感じ?

 

蛯原どうやって情報収集してるか聞くってことは、「as much as possible is better」だと思ってるってことじゃないですか。それはむしろ逆で、情報はなるべく絞った方がいい。それこそヤフーの安宅さんは100年以内に書かれたは読まないように最近はしてますとおっしゃられてますが、インプットを遮断しないと、思考ってクオリティ下がると思うんです。

 

あともう1つ、先日フィラメントのイベントでKiNGさんと村上さんが対談されていましたけど、僕のアプローチはアーティストとすごい似てるって彼女(KiNGさん)は言うんですね。どこかにピントを合わせないとアウトプットって出ない。アーティストってみんなそうやってるんですって言ってましたね。

 

メタ的なものの見方。

 

蛯原メタ認知の一種なんでしょうね。だから多分情報の量とはむしろ逆相関であり、そういう思考のトレーニングがものを生み出すことにつながるから、強(し)いていうならインプットよりアウトプット、ニュースを10本読む暇があったらブログを1本書けってことってことなんでしょうね。

 

すごい分かります。ブログを1本書こうと思ったら、自分の中でストーリーを紡ぎ合わせなくちゃ書けないですよね。

 

蛯原コンテクストを見つけるには、アウトプットするしかないってことなんだと思いますね。

 

 

終始にこやかな表情で、テクノロジー思考と世界の状況を語ってくれた蛯原健さん。厖大なファクトから世界を俯瞰するだけでなく、さらに歴史という時間軸も俯瞰してコンテクストを紡ぐ蛯原さんは、実はとてもエモくて人間味にあふれた人であった。

 

前編はコチラから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着の対談をお届け