News

  • 2019.02.12メディア掲載
    CEO角のコラム「フィラメント流、社会予測2019」が、地方自治体を応援するメディア|Heroes of Local Governmentに転載されました
    1/8にフィラメントのサイトに投稿、Facebookで300近い「いいね」がついたCEO角のコラム「フィラメント流、社会予測2019」が、「地方自治体を応援するメディア|Heroes of Local Ghttps://www.holg.jp/column/filament001/overnment」に掲載されました。 これを機に、フィラメントや角のことをより多くの方に知っていただけますと幸いで……
  • 2019.02.07メディア掲載
    FINDERSにCEO角が登壇したイベントのレポートが掲載されました。
    CEO角が東京で登壇した「FINDERS SESSION VOL.4」のレポートが掲載されました。 FINDERSでは、「日本の大企業からイノベーションが生まれなくなった理由はほぼ解明できた」という角のインタビューがバズを起こし、それをきっかけに企画されたイベントです。 テキストと動画の両方でイベント当日を振り返ることが出来る内容です。遠方などで参加できなかった方もぜひご覧ください。 &nb……
  • 2019.02.06メディア掲載
    「eiicon lab」にCEO角が登壇した経団連、財務省・財務局、金融庁、経済産業省が共催イベントのレポートが掲載されました
    経団連、財務省・財務局、金融庁、経済産業省が共催するシンポジウム&ミートアップイベント『ENGINE! 日本のミライと出会う場所』でCEO角がモデレータを務めたセッション2のレポートが掲載されました。 CEO角のインタビューやQUMカンファレンスのレポートなど、これまで何度も取り上げてくださったeiicon様のレポート、ぜひお読みください。  https://eiicon.net/articl……
  • 2019.02.05メディア掲載
    「リクナビNEXTジャーナル」にCEO角が登壇したイベントのレポートが掲載されました
    CEO角が登壇、東京で開催されて満員御礼だった「脱大企業病 年忘れぶっちゃけ座談会」のイベントレポートが「リクナビNEXTジャーナル」に掲載されました。当日行けなかった人にもイベントの様子がよくわかるレポートです。ぜひお読みください。 https://next.rikunabi.com/journal/20190205_p11/……
  • 2019.02.04プレスリリース
    Filament, Inc.のIPストラテジーオフィサーに弁理士・佐竹星爾氏が就任
     株式会社フィラメント(大阪市、代表取締役CEO:角勝、以下「Filament, Inc.」)は、佐竹星爾氏を新たにフィラメントのIPストラテジーオフィサーとして迎えましたことをお知らせいたします。 【就任日】2019年2月1日 【就任の背景】  株式会社フィラメントは、事業開発支援を行うコンサルティングファームです。  著名な経営者やイノベーターとの信頼で築いた……
  • 2018.12.27メディア掲載
    【雑誌】「アントレ」冬号にCEO角のインタビューが掲載されました
    独立・開業のための総合専門誌「アントレ」に、CEO角のインタビューが掲載されました。 「安定、肩書、仲間……雇われるよさもあったけど、私会社を卒業します!」という特集で、角が公務員を辞めて起業した経緯を語っています。バックナンバーはAmazon等からお買い求めいただけます。  ……
  • 2018.12.25プレスリリース
    Filament, Inc.のチーフ・イノベーション・オフィサーに「起業の科学」著者の田所雅之氏が就任
     株式会社フィラメント(大阪市、代表取締役CEO:角勝、以下「Filament, Inc.」)は、田所雅之氏を新たにフィラメントのチーフ・イノベーション・オフィサー(CINO)として迎えましたことをお知らせいたします。 【就任日】2018年12月25日 【就任の背景】  株式会社フィラメントは、事業開発支援を行うコンサルティングファームです。  著名な経営者やイノベーターと……
  • 2018.11.30メディア掲載
    「LIGARE」に復興庁共創イベントのレポートが掲載されました。
    モビリティビジネスに携わる様々な業界や企業の皆様を結ぶメディア『LIGARE』にて、2018年11月にTHE DECKで開催した復興庁主催のイベント『東北と関西を結び「移動」について考えるお出かけソン」』のレポートが掲載されました。ぜひご覧ください。 復興庁、東北と関西を結び「移動」について考える「おでかけソン」を開催……
  • 2018.10.31メディア掲載
    NewsPicksにCEO角が登壇したイベントのレポートが掲載されました。
      NewsPicksが主催、THE DECKで開催、CEO角が登壇した関西経済と金融のこれからについて考えるワークショップの様子が記事化されました。「関西のスタートアップ」をテーマに、厳しくも関西の愛に溢れた議論を展開します。ぜひお読みください。   「やるならいま」の関西スタートアップ。金融マンが地域経済を変える https://newspicks.com/news/3387……
  • 2018.10.03メディア掲載
    LinkedinのメディアにCEO角勝のインタビューが掲載されました
    Linkedinのシニアエディター、蛯谷敏さんに、CEO角勝を取材していただきました。 2018年の角の集大成的な内容です。ぜひご覧ください。 Part1 オープン・イノベーションのコミュニティ作り、絶対に心得ておくべき3原則 Part2 「敵でなく味方を増やす」共感を生むソーシャルメディア戦略10カ条 Part3  日本を蝕む大企業病、どうすれば閉塞感を打ち破れる?  ……
  • 2018.10.03メディア掲載
    eiicon「オープンイノベーション業者」カオスマップ(2018年度版)に掲載されました
    オープン・イノベーションプラットフォーム「eiicon」様のカオスマップに、イノベーション・オープンイノベーション支援事業者として、フィラメントを紹介いただきました。 「オープンイノベーション業者」カオスマップ(2018年度版) https://eiicon.net/articles/557……
  • 2018.09.25プレスリリース
    【株式会社フィラメント】新規事業Filament Lab.を立ち上げ、中国リサーチレポート販売開始
    株式会社フィラメント(大阪市中央区、代表取締役CEO:角勝、以下「Filament Inc.」)は、日本国外の情報をリサーチし配信する新規事業「Filament Lab.」を立ち上げます。その第一弾として、Granage LLP(東京都千代田区、代表:石田のり子)の協力のもと、中国リサーチレポートの販売を開始します。 ■販売開始日 2018年10月5日 ■第一弾販売レポート ●2018年 ……
  • 2018.08.16メディア掲載
    FINDERSにCEO角勝のインタビューが掲載されました。
    「クリエイティブ×ビジネス」をテーマにしたウェブメディアであるFINDERS様に角勝のインタビュー記事が掲載されました。 公務員時代から2018年までの角の取り組みが凝縮された内容となっております。 TwitterやSNSで拡散され、インターネットでも大きな反響を呼びました。   日本の大企業からイノベーションが生まれなくなった理由はほぼ解明できた|フィラメント代表・角勝 ht……
  • 2018.06.29プレスリリース
    Filament, Inc.のチーフ・アライアンス・オフィサーに元NEC PC・レノボ・ジャパン社長の留目真伸氏が就任
    株式会社フィラメント(大阪市、代表取締役CEO:角勝、以下「Filament, Inc.」)は、留目真伸氏を新たにフィラメントのチーフ・アライアンス・オフィサー(CAO)として迎えましたことをお知らせいたします。     【就任日】2018年7月1日 【就任の背景】  株式会社フィラメントは、事業開発支援を行うコンサルティングファームです。  著名な経営者や……
  • 2018.05.21プレスリリース
    Filament, Inc. 株式会社日宣と業務提携 〜共同で新たなコミュニケーション事業モデルを開発〜
     株式会社フィラメント(本社:大阪市中央区、代表取締役CEO 角勝、以下「フィラメント」は、 オープンイノベーション[1]を活用したハッカソン[2]、アイデアソン企画[3]で、広告代理店の株式会社日宣(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 大津裕司、証券コード6543、以下「日宣」)と業務提携いたします。       フィラメントは、これまで富士通や関西電力、復興庁が……
  • 2018.04.25プレスリリース
    事業開発と組織開発でイノベーションを起こす。QUMカンファレンス2018のご案内
    株式会社フィラメント(本社:大阪市中央区、代表取締役CEO 角勝、以下フィラメント)は、2018年5月29日(火)に、「QUMカンファレンス2018」を東京ミッドタウン日比谷 BASE Qにて開催します。 -困難な新規事業開発を、「組む」ことで乗り越えるー 新規事業開発に効果的とされるメソドロジー(方法論)は多くありますが、それらを使ってもやはり難しいものです。事業開発の途上で……